• スポーツサポーターのメリットとは

    スポーツサポーターを使うと、患部の痛みを軽減することができるというメリットがあります。

    スポーツサポーターを装着することで、患部に負担がかかるのを和らげ痛みを軽くすることができます。
    これはサポーターが筋肉の代わりをしてくれるからに他なりません。
    私達の体は筋肉によって支えられていますが、怪我などをすると支えるのが難しくなってきます。


    それをスポーツサポーターで補うわけです。
    サポーターは、怪我をしている時だけに着用するのが原則です。
    怪我や痛みの予防だといってサポーターを四六時中使用するようになってしまう人もいますが、これはあまりおすすめできません。

    スポーツサポーターに関する疑問を解消してください。

    怪我をしたあとにしばらくつけているのはいいですが、健康な状態であるのにいつまでもスポーツサポーターを装着していると、筋肉が弱っていってしまうというデメリットがあります。

    筋肉が弱くなってしまうと、怪我をしやすくなってしまい、さらにサポーターを装着するようなり、どんどん負のスパイラルにはまってしまう可能性があります。
    これでは本末転倒ですから、サポーターは痛みのある時だけに装着しましょう。



    スポーツサポーターには、患部を保護してくれるというメリットもあります。



    物理的な外部刺激から保護してくれるので有り難いですが、あくまでも補助的なメリットだと考えましょう。サポーターはプロテクターではありません。
    怪我などをした場合は、運動は中止してゆっくりと休むのが原則です。