タイプの違いを比較して浄水器を選ぼう

浄水器を比較する際に注目すべきポイントの1つが、どのようなタイプがあるのかという点です。タイプの違いはないと思っている方もいますが、実は複数の選択肢が存在しています。そのためどのようなタイプがあるのか把握したうえで、自分の状況に適したものを選べるようにしましょう。例えば一般的な浄水器の種類として比較するべきものが、蛇口に直接取り付けることが可能な蛇口直結型です。

蛇口に取り付けるだけなので手軽に家庭でも導入することができ、安価な価格で購入できるのもポイントの1つです。安く購入できる一方で、カートリッジの交換頻度が多いというデメリットもあります。カートリッジの交換頻度が少ない浄水器として、据え置き型があげられます。据え置き型は蛇口直結型と比較すると、スペースを取るというデメリットも存在しています。

蛇口の横などにタンクを設置することになるため、その分のスペースが必要なのです。キッチンの見た目をシンプルにしたい方は、アンダーシンク型を選択するのも1つの手です。シンクの下の部分に取り付けるため、キッチンで場所を取ることはありません。ですが他の浄水器と比較すると、取り付けに工事が必要で値段も高いというデメリットがあげられます。

ほかにも手軽に利用したいのであれば、ピッチャー型という選択肢もあります。ピッチャー型は水を汲んだ分だけろ過できる仕組みのため、大量の水をろ過したいという方には向いていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です