給湯器交換の確認時期

給湯器は家庭でお湯を使えるようにするための機器のひとつで、お風呂などのお湯を使用するために水をお湯に換えて供給できるようにします。キッチンなどに取り付けているものは湯沸かし器と呼ばれるもので、給湯器はお風呂場も含めて家庭全体にお湯を供給することができるようにしたものです。そのため住宅の外側に取り付けられている場合が多く、給湯器に給水管より水を引き込みガスや石油などの燃料によってお湯に変換します。最近はより効率的にお湯を沸かすことができる機器やお風呂のお湯の調整もより便利にできるようになっています。

給湯器はいつでもお湯が使用できるということ、お風呂やシャワーで使用するため便利であり日常生活に欠かせないものです。そのため給湯器が万一故障してしまうととても困ることになります。給湯器はガスなどの燃料を点火して燃焼します。その点火装置や温度を管理するためのセンサーなどがあり精密な機器でもあります。

しかし住宅の外側に取り付けられているため風雨や温度差などの影響を受けて劣化してしまいます。定期的は給湯器交換を行うことでこのような故障を未然に防ぐことができます。これら部品の消耗や劣化を考えると10年が目安と言われています。10年持てば長い方でそれまでに給湯器交換を行うといいです。

また給湯器の中にある部品は外の温度の影響をうけ、気温が下がる時期に故障を起こしやすいのです。そのため給湯器交換の時期としては冬前に行うほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です