給湯器交換の方法とは

給湯器は生活する上で欠かせない道具です。給湯器が壊れるとお風呂を沸かすことができませんし、真冬なら冷たい水で洗い物をしなければなりません。給湯器が故障しているときはもちろん、給湯器の調子が悪い場合でも早急な対策が必要です。給湯器が修理しても直らない場合は給湯器交換を検討せざるを得ません。

では給湯器交換は具体的にはどのような方法で行うのでしょうか。給湯器はお家に引き込まれている水道管やお風呂や家庭によっては温水床暖房システムなどにも繋がっています。給湯器交換のときには新しい給湯器を繋げることができる配管をする必要があります。給湯器に繋がっていた配管の劣化があまりないようならば、交換前に使っていた配管を再度使って新しい給湯器を取付けできますが、給湯器に繋がっていた配管の水が漏れているなど劣化が認められる場合には配管もまとめて交換する必要があります。

大抵は交換前に使っていた配管を再度使って給湯器との接続されている部分の配管を行なうだけで給湯器の交換はできますが、給湯器に繋がっていた配管が劣化していた場合には大がかりな工事になってしまうことがある事も覚悟しておく必要があります。給湯器の交換作業にかかる時間は時と場合によりますが、交換前に使っていた配管を再度使う場合であれば1時間程で終わります。給湯器交換作業の内容は古くなった給湯器の取外しと新品の給湯器の取付けと浴室と台所の操作パネルの取り付けの三つです。操作パネル取り付けの際は立会いが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です