10年経過したら給湯器交換を検討するタイミング

給湯器交換は、設置してから10年経過したら検討を行うべきです。使用状況によっても異なりますが、およそ10年が経過したころから不具合が起きやすくなり、メンテナンスを実施していないと突然故障するトラブルも起きやすくなります。お湯が出ないようになるとお風呂に入れなくなるなど生活に不都合が生じますから、完全に壊れてしまう前に古くなったものは取り替えたほうが安心です。業者に依頼するときは、住宅設備会社や給湯器交換や修理を専門的に行っているところで、経験豊富な有資格者が即日見に来てくれる業者が良いです。

電話で連絡する際にはメーカー名と品番、据え置き型か壁掛け型かなど設置位置も伝えたほうが、本体や部品の在庫があるかなど業者が確認しやすくなります。事前の見積もり段階で、工期がどれくらいになるかしっかりと確認しておきます。給湯器の在庫が無いと取り寄せになって、すぐに工事に着手できない場合がありますし、劣化の具合によっては配管も交換が必要になって、1日で終わらないこともあるからです。給湯器交換で少しでも費用を抑えたいときには、最新の機体ではなく型落ち品を選ぶと良いです。

最新の機体が発売されると、以前のタイプは在庫を少しでもなくそうと価格が安くなって販売されます。型落ち品でも機能は優れていて、十分に使うことはできます。新しい機能が充実しているものを使いたいときや、少しでもエネルギー節約ができてエコな製品を望むのであれば新製品で給湯器交換を依頼したほうが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です