給湯器交換業者を選ぶコツ

給湯器の故障や新品の購入などにより、給湯器交換が必要となる機会は意外と多いです。そんな中でトラブルなく、スムーズに交換・取り付けが行うためのコツとは一体どんなものがあるでしょうか。給湯器交換業者は、主にガス会社・給湯器メーカー・専門取付業者の3種類に分かれます。まずガス会社に関しては、ガス事業法に基づいて家庭・企業・飲食店店舗などにガスの供給サービスを行っている会社です。

基本的に東京ガス・東邦ガス・大阪ガス・西部ガスといった、都市ガス会社が大手です。ただし、給湯器の販売や修理を受け付けてはいるものの、メインはガス供給であるため、種類・機種が限定されます。給湯器メーカーの場合は、リンナイ・パロマといった大手メーカーが業務委託した専門業者が設置・交換を行います。自社製品に関して詳しい反面、委託している業者によっては価格の差があったり、保証期間が短かったり、というデメリットもあります。

取付専門業者に関しては、各メーカーの商品の販売から取付・修理まで幅広く行い、アフターケアが充実していることが多いのも特徴です。これら給湯器交換業者を選ぶ際、まずは実績を調べましょう。ホームページで実績を公表していない業者や詳細がわかりにくい業者は論外です。次に応対をチェックします。

まずは窓口である電話応対から。ここが丁寧かつわかりやすく、レスポンスが早い企業ほど良いところです。「あれ?」と思うようなところは大抵トラブルを引き起こしやすいです。そして、アフターサービスも入念にチェックしましょう。

大抵保証期間は1~2年ですが、中には5年というところもあるので、できるだけ吟味して選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です