家雨漏りは早めに修理

家雨漏りは屋根からと想像する方も多いですが、屋根からだけとは限りません。壁のひび割れや亀裂・窓のサッシの隙間・換気口などがあげられます。家雨漏りを早めに修理せずに放置しておくとどうなるか。水にぬれたところから腐っていき、腐ると耐震性が低くなり地震が起きるとつぶれることも考えられます。

シロアリは湿気のあるところを好みますので、シロアリの発生の原因になります。又雨漏りをしている家は湿気も高くなり、カビが発生しやすくアレルギーなど人体に悪い影響があります。雨の強いときにポタポタと音がする・天井や壁にシミがある・部屋がカビ臭いなどの時は要注意です、雨もりを直接見ていなくてもかなり進行しています。ではどうすればいいのか、個人ではバケツや受け皿で雨漏りを受けたり、天井にブルーシートで覆うなど、家やホームセンターで売られているもので応急処置はできますが、屋根や屋根裏などの高所作業は危険が伴うので、プロの専門業者の方にお願いした方がいいです。

ほとんどの専門業者は無料で原因になる箇所を調査して、修理方法の説明や見積もりを出してくれ納得すれば工事に入ってくれます、ただこんな業者には注意したほうがいいです。簡単な目視調査だけですぐ見積もりを出してくる・訪問販売で訪ねてきた・修理の保証書を明確に出せない・工事実績が少なく100%下請けに任せてしまうなどです。家雨漏りはただ雨漏り箇所の穴をふさぐだけという簡単なものではありませんし、放置もしておけませんので早めに修理しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です