放っておくと大変な家雨漏り

台風や大雨の時に、初めて家雨漏りに気が付いたという家は少なくありません。通常の雨くらいでは何ともないからといって、そのままにしておくことは危険です。家雨漏りの原因は、屋根だけではありません。外壁のひび割れや亀裂、窓や換気口なども原因にあげられます。

もちろん屋根材のずれや割れが原因で起こることも多いのですが、下に敷かれた防水材の劣化なども考えられます。これらは老朽化によるものが多く、その雨水の通り道となっている部分も腐ってしまうという危険な状態でもあるのです。家にとって常に湿気が多いことは、腐食だけでなくシロアリの格好の餌食になってしまうこともあります。家雨漏りに気が付いたら、業者に点検を依頼したうえでどのような修理が必要なのか、早めの対策が必要です。

傷みが大きくなればなるほど修理も大掛かりなものとなるため、傷みが小さなうちに対策を講じることが大切です。家雨漏りの修理となると、例え小さなことでもある程度の費用が掛かります。また一ヶ所の傷みからどんどん大きくなっていくこともあります。また湿気によるカビの発生は、家だけではなくそこに住む人の健康を損なうことも多いのです。

また電気設備や配線などにも直接当たると漏電を引き起こすことも考えられ、電化製品のダメージや火災を起こす可能性もあるのです。大切な家や家族を守るためにも、定期的に点検をすることが理想的ですが、なかなかできない場合には、家雨漏りに気付いたらすぐに対応することが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です